医者と看護師

普段の生活から糖尿病の症状を予防しましょう

早めの治療

カウンセリング

肝臓がんは50代から症状を引き起こしてしまうことが多くあります。肝臓がん患者の多くはウイルスによる遺伝子変異によってがんになっています。肝臓がんになる原因として主に2つあります。症状として疲れやすい、体がだるいといった日常生活の中では気付きにくい症状が多いです。これらの症状は風邪や運動不足でも起こることなので肝臓がんによる症状だと気付くことは難しいです。他にも食欲がなくなったり微熱がでたりといった普段の生活で起こりやすいものばかりです。肝臓がんは再発の可能性が高く、手術などで摘出しても数年以内にまた再発してしまう人が多いです。肝臓は全て切除できないため再発しやすい原因でもあります。肝臓がんは再発しやすい上に生存率も低く特に注意が必要な病気です。
肝臓がんはB型肝炎などのウイルスに感染して引き起こすことがあり、治療法としてウイルスを増殖させない注射を打つことでがんの再発を抑える効果があります。体内でウイルスの増殖を抑えることに限界があるので外的治療をすることもあります。しかし治療法によっては費用が高く副作用がでる可能性のものがあります。普段の生活から肝臓がんにならないための予防をすることが大切です。食事や生活習慣を見直すことで肝臓がんの予防に繋がるように心掛けましょう。再発の可能性が高い肝臓がんなので手術をした後も定期的に検査を受けることが重要です。初期症状がわかりにくいことから症状に気付いた時はすでに末期の状態ということが多いので普段から体調の変化に注意しましょう。